河内長野市 I様邸

1室ごとに間仕切られ、閉塞感があった空間を広いLDKに。

 玄関を土間にして、趣味の自転車を飾ったり、 リビングを通して眺めれるガラスの間仕切り。

 好きなヴィンテージ家具や小物を飾って、 これからの生活がどんどん楽しくなるようなお家がリノベーションで叶いました。






イメージされていたのは、家具で有名なTRUCK furnitureのカフェ「Bird」の内装。

キッチンのタイルや背面の収納など、色合いやカタチを参考に造作で仕上げました。



外観は新たに塗装。

かわいらしいイメージになりすぎないよう、花台はグレーに。




玄関は元々吹抜けがあり圧迫感はなかったものの、土間の部分を拡張し、自転車いじりを楽しめるスペースに。

玄関框の下部には普段使用する靴を収納していつでもスッキリと。



リビングは庭からの光が入る一番気持ちの良い場所に。

テレビボードはコンクリートブロックと木材でラフに仕上げました。



デザインガラスを使用した間仕切りが、玄関とリビングを程よくつなげています。




休日はハンモックでくつろぐこともあるのだとか。



既存の筋交いの見せ方も拘り。

ワイヤーを使用した見せ方や、様々な色合いも検討した結果、今回のカタチになりました。