安心安全のリノベーションをする為に

安心・安全のリノベーションをする為に、私達のしている取組みは、

耐震診断や断熱改修だけではありません。


リノベーションは、規模にもよりますが、工事期間が長かったり、

大きな音がなったり、近隣様にも少なからず迷惑を掛けてしまいます。


また、お施主様自身にも安心して工事を見守っていただくことも大切です。


そこで、私達の「安心・安全のリノベーション」をする為の取組みをご紹介します。




まずは、着工前に近隣挨拶にまわります。

最近は、物件探しからのリノベーションで、近隣様と初めてお付き合いするという場合もあります。

しっかりと近隣挨拶を行うことで、工事終了後、少しでも近隣様とスムーズなお付き合いをしていただけるようにと思っています。



近隣様への挨拶は、着工前だけではありません。

工事内容によっては、大工さんの工事や断熱工事、外部に足場を組んで行う工事もあります。

「まだ工事しているけど、今どんな状況なんだろう?」

「いつ終わるんだろう?」

など、近隣様は多くの不安を抱えています。

そんな不安を解消していただくために、工事のお知らせのチラシを近隣住民の方々に配布しています。

これからどんな工事に取り掛かるのか、その工事がいつまで掛かるのかを事前にお知らせすることで、

少しでも工事を見守っていただけるよう、配慮を心掛けています。




そして、現場清掃。

安全第一で工事を進めていく為、一日に2回の現場清掃を行い、

現場3S(整理、整頓、清掃)を徹底し、大工や職人さん達に喚起しています。

また、日頃近隣様へもご迷惑をお掛けしてしまっているお詫びと感謝の気持ちを込めて、

2か月に1回、現場周辺の清掃活動を、業者さんと共に行っています。




お施主様にも安心して工事を見守っていただくために、

防水検査・断熱検査・造作完了検査・竣工検査などの、リノベーションで手を加えた箇所の検査を実施しています。

家づくりのプロとして、細かい部分までしっかり検査した上で、工事を進めていきます。



この取組みはほんの一部ですが、全ては皆が幸せになる家づくりがしたいという想いから行っています。