断熱性の向上

じょぶでは、リノベーションにおいて、断熱性の向上にも取り組んでいます。


リノベーションをする中で、既存住宅で比較的多く使用されているのが、

グラスウールなどの繊維系のものです。




防湿の施工が上手く出来ておらず、断熱材自体がずり落ちていたり、

経年的に効果がなくなってしまっている場合など、状態は様々です。


そこで、じょぶでは、新築仕様同様に

壁・天井には「ウレタン吹き付け断熱」

床には「フェノバボード」

の使用をお勧めさせていただいております。




吹き付けの断熱材は、断熱性だけでなく、気密性も高いことが特徴です。

防湿対策として、気密・防湿フィルムを断熱材の上に施工し、

湿気のない壁内環境をつくることで、断熱材の効果を持続させます。



また、窓について。



※上の図は熱の流出割合[冬の暖房時]


家の熱の出入りは、窓が大部分を占めています。


アルミサッシ・単板ガラスの場合、結露の原因にもなっている為、

サッシの入れ替えや、内窓の設置を行います。



内窓の場合、既存のサッシと内窓の間に新たな空気層が生まれ、

断熱効果や防音効果を生み出します。



このように、断熱性の向上を行うことで快適性が生まれ、

エアコンの過度な使用も軽減し、ランニングコストも減らすことが出来ます。